OCCUPATION職業紹介

webサービス企画

【 webサービス企画 I 】

ネットビジネス部ComicFestaチーム所属。
神奈川県出身。輸入会社の事務職を経て、電子コミック販売サイト「ComicFesta」のWebデザイナーとして、2013年中途入社。現在はチームマネージャーとして、「ComicFesta」の企画運営全般を統括。


未経験でも挑戦したいという気持ちがあれば大丈夫


-ウェイブに入社するまではどんなことをしていたのですか。


前職は厨房機器輸入会社で事務を担当していました。一定新しい挑戦を受け入れてはもらっていたのですが、全体として待遇やポジションに関し比較的年功序列の風土が強い組織だったので、もっと精一杯挑戦していきたい、頑張った分報いられたいと思い、転職を考えました。


-転職活動はどういう軸で行っていたのですか。


webデザイナーになることを目指しました。高校時代自分で簡単なHPを作成しており、自分の考えが形になりそれが世界中に発信されるwebの世界を面白いと感じていたためです。webデザインは未経験でしたが、後悔しないように挑戦しよう!と思い転職活動を始め、ウェイブのwebデザイナー職の求人を見つけ応募しました。


-まったく違う業界、職種への転職を試みたんですね。


そうなんです。webの経験が無いことに加え、元々コミックをあまり読まないタイプだったので不安はありました。しかし腹をくくって挑戦しようと決意し、面接の際代表の関口も「未経験でも挑戦したいという気持ちがあれば大丈夫」と自分の想いを後押ししてくれ、入社を決めました。


-ウェイブではどんな仕事を経験してきたのですか。


最初はwebデザイナーとして入社したので、勉強しながらサイトの修正を行っていました。外部研修で知識を身に着けたり、社内のエンジニアがサポートしてくれたりと、未経験でもやっていける環境が整っていたので、安心して仕事に取り組むことができました。


-未経験でもしっかりやっていけたんですね。


はい。その後web広告の業務を担当することになりました。元々デザインメインでやりたいと思っていたので多少の抵抗と不安はありましたが、まずはやってみるか!の精神で業務を引き継ぎました。


-やってみてどうでしたか。


自分の視野が広がるいいきっかけになりました。特に「売上」という視点が加わったのが大きかったです。ユーザーをどうやって獲得するのか、そして獲得したユーザーのニーズに応えられているかが、売上という数字を通じて明確に反映されていく。そして自分で試行錯誤しながら考え実践したことが、売り上げに反映されていくことを体感し、ビジネスの面白さを覚えました。



いかにメンバーが主体的に頑張れる環境を作るかが、自分の重要な仕事


-業務の範囲が広がり、できることやご自身の視点もどんどん広がっていったんですね。そして今はマネージャーになっているんですよね。


はい、今はComicFestaのチームマネージャーを務めています。事業の成長そのものの責任を担う立場ですね。ビジネスモデルをどうするかや、売上アップための施策、デザイン修正、機能追加など、全般的な領域を見ています。プレイヤーからマネージャーへの変化も、自分の視野が広がるきっかけとなりました。


-マネージャーへの昇格の際、不安やプレッシャーはありましたか。


えぇ、やっぱりプレッシャーは大きかったです。でも自分で意思決定する範囲も広くなり、成功したときにより一層の感慨を味わうことができるようなりました。なにより、メンバーとともに力を合わせ大きな成果物を作りだしていくというやりがいを、強く感じられるのようになったのが良かったです。


-自分だけでなくチーム全体へと視点が広がっていったんですね。


はい、特に学びが大きかったのは、メンバーの成長をどう引き出すかという視点です。事業、チームを成長させるためには、メンバー1人1人が成長していくことが必要だと代表の関口も良く言っているので、そこを心掛けています。

-どんなことに取り組んでいるのですか。


仕事を任せることを意識しています。例えば、ComicFestaのデザインを全面的にリニューアルするという大きなプロジェクトが動き始めたときの話です。直接的なデザイン面は、自分が元デザイナーということもあり自らやりたいという葛藤もあったのですが、メンバーの成長のため新卒2年目のメンバーに任せることにしました。他の領域でも各メンバーに責任と裁量を持たせるように役割分担を考えました。


-リーダーとして思い切った決断をされたんですね。


はい。ただそれが、任せればそれだけメンバーが主体的になり、アイデアも出てくるという様子を目の当たりにし、いかにメンバーが主体的に頑張れる環境を作るかが、自分の重要な仕事だと実感できました。そうやってみんなのアイデアを形にして何かを作り上げていく喜びは格別でした。


コミック好きなら誰もがComicFestaを使っているというブランドを築きたい

-今後挑戦していきたいことはありますか?


ユーザーの利便性を考えた時、ComicFestaはまだまだデザインも機能面も改良の余地があるので、そこはしっかりと取り組んでいきたいです。コミック好きなら誰もがComicFestaを使っているというブランドを築き上げていくことが目標です。


またどうせ自分達でビジネスをするなら、他社がやっていないような独創的なことに挑戦していきたいと常々考えており、ちょうど今メンバーと面白企画をいくつか練っているところです。あとは新しいコンテンツそのものを作り上げたり、物販など関連領域に進出したりとやりたいことは山ほどあります!



1日のスケジュール例

9:00出社
9:30進捗確認ミーティング
10:00メールチェック
10:30前日の売上チェック
11:00サイトの更新内容チェック
12:00チーム全体タスクの進捗確認
13:00昼食(食後にはなんとなく集まったメンバーで卓球をやっています!)
14:00サイト新機能の仕様検討など
16:00施策スケジュール確認
17:00運用改善検討など
18:00機能改修等のスケジュール見直し
19:00翌日以降のタスク整理
20:00退社